岡三「アジア・オセアニア好配当成長株オープン(毎月分配型)」

岡三証券はマイナーな証券会社かと思ってたんだけど、証券の売買手数料は
かなり安いし、モーサテのNY市場サマリーでも岡三のアナリストがコメントしたりして
海外にも強い証券会社のようだ(今までたくさん証券口座開いたのに気が付かなかった^^;)

さて、その岡三アセットマネージメントがやってる「アジア・オセアニア好配当成長株オープン(毎月分配型)」
に興味が沸いた。
安定した分配続けてるし、SBIの分配金+分配余力ランキングでも上位だ。

こないだのピムコのハイイールドファンドは結局全て解約したので、残りの資金を移す先として
候補にしてみた。

54期-59期の運用報告
http://www.okasan-am.jp/pdf/operation/o551269_20101012.pdf
を見てみる。


収支
        基準価額   収益(百万)  分配金(百万)
54期(~5/10)  6,121   -15,511    2,108  (75円)
55期(~6/10)  5,724   -9,501    2,362  (75円)
56期(~7/12)  5,836    5,968    2,524  (75円)
57期(~8/10)  5,848    3,088    2,634  (75円)
58期(~9/10)  5,692   -2,465    2,774  (75円)
59期(~10/12)  5,940   11,733    2,859  (75円)
合計              -6,688    15,261  (450円)

うーん、半年で66億赤字で152億を分配してる。
54期のマイナスが半端なくでかい。いったいなにがあったんだろうって感じ。
基準価額も6700円から6100円まで600円近く急落してる。
金利の高騰で金融の引締め懸念が出たことに加えて、ギリシャショックとかが
重なったようだ。

収支の内訳を見ると...
収益状況
        基準価額  口数(百万口)  配当収益(百万)  売買損益(百万)
54期(~5/10)  6,121    281,143    1,029  (36円)  -16,386  (-582円)
55期(~6/10)  5,724    314,986    3,135  (99円)  -12,470  (-395円)
56期(~7/12)  5,836    336,620    1,055  (31円)   5,098  (151円)
57期(~8/10)  5,848   351,206    1,676  (47円)   1,588  (45円)
58期(~9/10)  5,692   369,897    1,457  (39円)  -3,731  (-100円)
59期(~10/12)  5,940   381,222    1,282  (33円)   10,667  (279円)
合計                       9,634  (285円)  -15,234  (-602円)

配当収入は安定して30円以上ある。
分配金が75円だから、毎月の分配金の半分は確保されてる。
残りは評価替えを含む売買損益だけど、株式市場が上がれば売買はプラスになる。

このファンド不思議なことに運用先はほとんどがPCAの「アジア・オセアニア好配当株式ファンド」
なんだが、それは毎月35円の分配金で、それよりも多い分配金を出してる。
(適格機関投資家専用ってことで中身が違うのかもしれんが)
マザーファンドの分配金が配当収入とほぼ同じなので、売買(評価)損益でさらにプラスにしてるって
ことだろう。
(ベビー側じゃ株式銘柄選べないし、基本的にはマザーの運用にまかせっきりのはずなんだが、
それにしては運用報酬高めだし、分配金もそこそこ出てるから何か秘密があるのかも
運用報酬はマザー側に0.5775%とベビー側に1.1025% 合計で1.68%)

直近の運用報告(月次)だとマザーファンドの運用先は
オーストラリア  26.5%
香港        25.8%
台湾        15.2%
韓国        9.4%
シンガポール   6.9%
インドネシア    4.8%
インド        4.6%
タイ         3.7%
マレーシア     1.9%

とオーストラリアと香港(中国)で半分。さらに台湾、韓国加えると76.9%の3/4超える。
個人的にはそれ以降のシンガポール、インドネシア、マレーシアの比率をもう少し上げて
欲しいと言う気はするけど、国に囚われてないので流動的に変更もあるのだろう。
(オーストラリアは金利が高くて配当利回りも高いから外せないと言うのは理解できる)


新興国はどこもインフレが台頭して金融引締めに移りつつある。
世界的な金の流れは勢いの鈍る新興国から安定的な先進国へ還流中だから、逆行するんだけど
少し買うなら面白いかもな。
個人的にはアジアのパワーはまだ捨てたもんじゃ無いと思うしな...
ただ、やっぱしちょっと腑に落ちないところもある。
年間のリターンで見るとリーマンショックの年は-45.33% これは仕方無い。
その翌年はそれを取返す48.74%
去年が-1.05% と去年のパフォーマンスがいまいち。(一昨年もそうだけど去年のアジアの成長は
こんなもんじゃなかったはず)
株式投資でも好配当株と高成長株は別の視点になるからな。
世界の物作りの主役になったアジアパワーと言う意味では後者も取り入れて欲しいとこだけど...


ちなみに最新の基準価額は5876円で予想分配金は年間900円だから15%くらい。
6000円以下の今なら手を出しやすいところではある。
インフレ圧力はまだ当分高くて金利も恐らくもう少し上げることになると思う。
中国は特にそうだ。
基準価額も5000円くらいまでは下を見ておく必要がありそう。


ちなみにSBI証券だと買付手数料3.15%だけど、岡三なら2.1%だ。
SBIには信託マイレージ(だっけな?)があるからどっちもどっち。
さらに今なら楽天銀行からのキャンペーンで楽天証券で買えば(3.15だけど)1%分のポイントバックが
あるらしい。
100万口くらい買ってみるかな


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック