DIAM J-REITオープン(毎月決算コース)はどうよ

今日はすごい雨だ。ベランダの窓まで風に乗って雨が叩きつけてくる。


先日から募集が再開された

「DIAM J-REITオープン(毎月決算コース)(オーナーズインカム)」

以前から300万口保有してて、日銀白川君の買上の恩恵を受けてた。

とりあえず自分で40万口(24万くらい)、親族名義で50万円ほど買い増ししてみた。

J-REITは今環境的にはよろしくない。
首都圏の物件が大半だけど、空室率はまだ上昇中。
しかも、この震災と電力不足で、都心の魅力は随分落ちたはず。

賃料も間違いなく下落してくと予想される。

いつもお世話になってるモーニングスターに良い記事が出てる。
http://www.morningstar.co.jp/event/0908/ms2/index23.html

日銀の白川君がUSのバーナンキ議長に対抗して打ち出した金融緩和策。
その一環で500億ほど買い上げてくれることになった。
その後さらに震災後の緊急緩和策で1000億に増額された。

月別の日銀の買取は日銀の「当座預金増減要因と金融調節」に出ている。
2010/12月 22億(12/16)
2011/1月 0億
2011/2月 24億(1/28)
2011/3月 131億
とここまでは日銀の報告に出てる。合計177億

激震の3月は...
3/2 18億
3/3 18億
3/11 18億  <-震災の日(累計100億)そして追加の500億発表
3/14 18億
3/15 18億

とハイペースで買い支えてたようだ。
日銀も高値で買うつもりはさらさら無いようで、震災後の下げたところを買い支えてるっぽい。
(将来の不良債権を抱えるのはやはり嫌なんだな^^)

3月までに消化したのは17.7%。残りの枠は823億。
今はほとんどのREIT価格は戻ったから、仮に月30億くらいのペースで買い上げるとすると、
823/30=27.43 ヶ月
2年以上はかかる計算だけど、日銀の追加発表で期限は2011/12末から2012/6末まで延長されたのみ。
823億を15ヶ月で消化するなら月約55億が流れてくる勘定になる。

J-REIT本来の環境は悪くても、白川君のおかげで、
DIAMのJ-REIT オーナーズインカムの分配金と基準価額はそれなりに維持されるような気がする。
(買取対象銘柄が下がったら買い、上がったら売れば良い)
さすがに原発がアボーンしちゃうとどうにもならなくなりそうだけど、今のところはその心配は薄くなってきた。
(汚染水の処理だけなんとかすれば、水さえ入れ続ければいずれ冷える)

というわけで、REIT本体の成績はネガティブな要素が大変多いけど、ファンド自体はこの先しばらくは高利回りの分配金が維持できそう。
日銀の買取パワーが切れて基準価額が大きく下がるか、その前に分配余力が尽きて
分配金が減額されれば解約すれば良いだけ(その頃は首都圏の状況も改善してるか?さらに悪化してるか解る)。

基準価額6000円で年間1200円の分配金は利回り20%だけど、安全側見て15%くらいなら回せそうな感じはあるな。
せっかく再開されたんだし、素直に乗っとけばええかな。
賃料下がるなら、ここの家賃も減らして欲しいよ....
同じマザーファンド使ってるDIAMの隔月決算の方は妙に成績が悪いから、そっち解約してでも毎月に回すべきだな

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック