フィデリティ証券手数料無料やってるよ

フィデリティ証券はちょくちょく手数料無料やってるけどまたやってる♪

多分ボーナスに合わせてるんだろうけど、購入する側からしてみればとてもありがたい。
http://www.fidelity.jp/html/fskk/japanese/cp/1106_noload/index.html
8/12(金)まで

普段は投資信託買う時は、購入時の手数料考えるとノーロードに目がいっちゃう。
買い付け手数料が3%なら、初年度の運用成績は-3%からのスタートだもんね。
全部(一部除外があるみたいだけど)手数料が無料だと、非常に選びやすい。

投資信託で定期的に払う信託報酬の一部は販売した店にも行くから、販売店は実は購入時の手数料以外でも、長期保有してもらえれば美味しい。
購入者が損をしてても得をしてても入ってくる。
販売資産規模が増えればその分販売した店の収益になるからな。


そう考えると銀行の投資信託とかの販売手数料はかなり高い。
銀行は元々が証券扱ってないし、専用の部署とかアナリスト(?)とか配置してる分のコストが販売時の手数料に乗っかてるんだろう。
インターネットで自分で調べて、銘柄も決めて買うだけだと、確かに買い付け手数料は高く感じるよ。


同じ買うなら今がチャンスだよ。

多分今週金曜日の雇用統計はかなり悪いだろうから、円高になる可能性高い。
来週80円切ったら海外投資はまたうまみ出てくるような気がする。

仮に1$=80円から、さらに1割円高になっても1$=72円。
予想利回りが10%超の信託買っとけば、理論的には耐えれる計算ではある。
1$=72円も現実的な範囲に入ってきたけど、4月が37年ぶり(だっけ)の貿易赤字だったし、復興するまでは円高はそれなりに好ましいって政府日銀も思ってるしな。



DIAM J-REIT は いよいよまた運用規模が上限に到達するとのことで今週一杯で打ち切り。
2ヶ月コースを全て解約したので、毎月コースの方に買い換えようかな。
(既に100万口は追加したけど^^)
J-REITの規模からして、今後はもう追加無いんじゃないかとも思えるし...
(来年の日銀の買い支えが終わった後、実態が伴ってなければ急激にしぼむ可能性もあるしな)

J-REIT ファンドについてはそんな長期は期待してないので、日銀の買い支えが終わるまでの後1年で10%ちょいくらいの利回りがあれば良いかなとおもってる。
そこから先はその時のJ-REIT 環境次第だけど、どうかな?。
あまり改善期待はできないような気がする。

一番大きいのは東電のチョンボだよな。来年の今頃もそんなに劇的に改善してるとは思いにくいしな。
放射能は撒かれて(揮発性のはセシウム主体なので後数十年は残る)、電気代は上がるし、消費税も上がるのは間違いなさそう。
電力需給の問題もあるし、化石燃料は高止まりしてるし、首都圏はこの影響を払拭できるのかな?
ソフトバンクの孫さんは韓国の方が電気代が安いからと韓国にデータセンター作ったけど、エネルギーコストがかさんでくれば人件費同様、安いところに行く企業もあるだろうし、外国から企業が入ってくるかな。
そもそも今までの電気代ですら高すぎだ。
原発の発電が一番安いからとそれ使っててあの料金だったもんな。
原発村で利益を得てた人の事考えると、本当に原発コストが安かったのかはなはだ疑問。

ひどいよな...本当に....


とりあえず夏休みまで余裕あるから、為替見ながらゆっくり考えよう


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック