さむのほげほげなるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 菅さん内閣延命

<<   作成日時 : 2011/06/02 16:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は東京も雨だ。

菅内閣不信任案が否決された

小沢君、鳩山君も造反に回るような匂いさせてたし、どうなるか微妙だな、でももし可決されたらどうなるんだろうと思ってたからなんか妙な安堵感はあるな。

過去の宮沢君とか、森君はの不信任案は、あーこの人じゃ本当にどうにもならないな。って感じはしたけど、今回のは正直ちょっと不思議な感じで見てた。

不信任案出すなら、公務員の制度改革とか国会議員定数の削減とか、一向に進むようには見えない財政改革問題の方なら理解できるけど、震災対応が出来ないってのはちょっとピンと来てなかった。


最近のニュースについて行ってなかっただけかもしれないけど、確かにあちこちで手際の悪さはあるにせよ、原発はちゃんと初期に避難もさせたし、海水注入とかベント(格納容器の圧力開放)のごたごたはどちらかと言えば菅さんじゃないところに非があったような気がするし。
東北の震災は誰がやっても同じようなもんじゃないのって気もするし。

海水注水は現場(福島第一発電所)から海水注水するって連絡を握りつぶした保安院(FAXは字が小さくて見えなかった、電話は受けたかどうか記憶に無い)がきちんと政府に状況報告する義務を怠けたところにあるんじゃないの?

ベントの遅れとかも指摘されるけど、あれも現場の作業に邪魔になるなら、保安院なりがちゃんと止めるなり指示するべきだったのに全く機能してなかった。
作業の遅れは事故当時に東電本社が廃炉にしたく無い意向が見え隠れもするし(情報をきちんと出さなかった)、東電に乗り込んだのはある意味正しかったように思えるし、全部菅さんの対応のせいにするってのはどうなのって気はするな。
事故後の避難のさせ方とか安全基準の出し方もひどいもんだけど、それも安全協会が以前から仕事してればもっとスムーズになってたんじゃない?
菅さんの丸投げはひどいけどな....


あれだけひどい対応で全く処分も非難もされない保安院はどうなのって思うよ。
事故直後の召集にはメールが届かなかったとか電車が動かなかったとか、福島第一に常駐してた2名は情報収集せずに、近隣住民置き去りに速攻で60km離れた山の向こうの県庁まで逃げたり。

未だに保安院が大きな権限を持ってるようだけど、不思議で仕方無いよ。

野党も不信任案だすなら、俺達ならこうしてた、こうするってのを具体的に言わないとどうも非難してるだけだといまいちそうだ、そうだと同調しにくい。


ただ、菅さんが操れてるのは変わりなさそうだしな...
震災復興はなかなか進まないのに、増税論議(財務省)と東電救済(経済産業省)だけはやりそうだな。

政権とる前は「官僚が予算を作るから無駄が生まれるんです。政治家がちゃんと必要に応じて予算を作る、それが
民主党の政治です。」
って言ってたけど、総理になってから「いゃ、官僚もやれと言えばちゃんとやるんです。使えば使えるんですよ。役に立つんです。」
って同じ人か〜い??


筋道を通して、財政健全化本気でやるとか、原発問題も東電と保安院にまかせてないで、強権組織を作るとか、震災復興も必要な費用とその調達方法の多様な方向性をつけるとか、オレにやらせてくれっみたいなのは出てこないもんかね?

今回の不信任案を冷ややかに見てた国民は、結局代わりがいないって諦めてる人多かったんじゃないかな...

きちんと東電と原発村の人達にけじめつけさせて、歳出の無駄を削って、国民の年金食い物にした保険機構を黙らせて年金統一して、東北の復興プランを作って、そういうのをやってくれる人は出てくれないもんかね。

こんな状況で気分が沈むばっかりだよ...

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
菅さん内閣延命 さむのほげほげなるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる