さむのほげほげなるままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 「アジア・オセアニア好配当成長株オープン」 運用報告書キター

<<   作成日時 : 2011/06/07 02:36   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

今年の年明け、ファンドの組み換えした時にお試しで買ったこのファンド

ここのところの円高で残念ながら基準価格割れはしてるんだけど、分配金は地味にちゃんと出てる。

SBI証券から運用報告書が届いた(第60期〜65期)。
前回分の運用報告は購入する時にPDFで見たけど、紙のは今回が初めて^^

前回(第54期-59期)と合わせて見てみよう。
()の中の数値は1万口当たりの収支。

前回分(2010/4/11〜2010/10/12)

          基準価額   収益(百万)  分配金(百万)
54期(〜5/10)  6,121   -15,511    2,108  (75円)
55期(〜6/10)  5,724   -9,501    2,362  (75円)
56期(〜7/12)  5,836    5,968    2,524  (75円)
57期(〜8/10)  5,848    3,088    2,634  (75円)
58期(〜9/10)  5,692   -2,465    2,774  (75円)
59期(〜10/12)  5,940   11,733    2,859  (75円)
合計              -6,688    15,261  (450円)

収支の内訳を見ると...
収益状況
        基準価額  口数(百万口)  配当収益(百万)  売買損益(百万)
54期(〜5/10)  6,121    281,143    1,029  (36円)  -16,386  (-582円)
55期(〜6/10)  5,724    314,986    3,135  (99円)  -12,470  (-395円)
56期(〜7/12)  5,836    336,620    1,055  (31円)   5,098  (151円)
57期(〜8/10)  5,848   351,206    1,676  (47円)   1,588  (45円)
58期(〜9/10)  5,692   369,897    1,457  (39円)  -3,731  (-100円)
59期(〜10/12)  5,940   381,222    1,282  (33円)   10,667  (279円)
合計                       9,634  (285円)  -15,234  (-602円)

半年で66億赤字で152億を分配してる。合計で218億の赤字とかなりぼこられてた。
基準価額は為替の影響大きかったと思うけど後半しぶとくキープしてた。
54期の頃に起きたギリシャショックの影響が半端なく大きかった。
毎月の分配金の半分はマザーファンド側からの配当でカバーできてる。


さて今回(2010/10/13〜2011/4/11)の詳細な収益

          基準価額   収益(百万)  分配金(百万)
60期(〜11/10)  6,138     11,307 (272円)    3,112 (75円)
61期(〜12/10)  6,055       -66 (-1円)     3,132 (75円)
62期(〜1/11)  5,973       -311 (-7円)     3,104 (75円)
63期(〜2/10)  5,863      -1,510 (-36円)     3,094 (75円)
64期(〜3/10)  5,797       490 (11円)     3,148 (75円)
65期(〜4/11)  6,203     20,116 (477円)   3,156 (75円)
合計                30,026 (716円)   18,746 (450円)

収支の内訳を見ると...
          基準価額  口数(百万) 受取配当(百万) 売買損益(百万)
60期(〜11/10)  6,138   415,039   1,304 (31円)   10,213 (246円)
61期(〜12/10)  6,055   417,708    959 (22円)   -796 (-19円)
62期(〜1/11)  5,973    413,872    301 (7円)    -367 (-8円)
63期(〜2/10)  5,863    412,567    126 (3円)    -1,410 (-34円)
64期(〜3/10)  5,797   419,835    795 (18円)   -100 (-2円)
65期(〜4/11)  6,203   420,843    917 (21円)   19,437 (461円)
合計                     4,402 (102円)   26,977 (644円)

まとめ
収益計:30,026
分配金:18,746 (450円)
収支:11,280

半年で300億稼いで187億分配して、112億が内部留保。
いーじゃん

月払い型投資信託の成績としては理想的じゃん^^
60期の期首の基準価額が5940円だから263円上昇している。
ま、最後の4月は為替で豪ドルが結構がんばってたせいも大きいだろうけど。
第65期の震災直後から1ヶ月弱で分配金込み16.2%上昇したって。


いくつか気がついたけど、マザーファンドからの配当金がかなり減ってるような...
口数は明らかに増えたんだけど、配当金は減ってるな...
株価が上がって配当利回りが下がったか、配当そのものが下がったか、あるいは運用資金が外部流出して資産規模が減ったか??

このファンドは中身は「PCAアジア・オセアニア好配当株ファンド(適格機関投資家専用)」ってやつだ。
そっちを見てみると収益分配金は↑で計算した受取分配金と同じ。
マザーファンド側の分配金が下がってる(当たり前だけど)。
資産価値は減ってないみたいだから、運用資産が減ったわけではなさそう。

前回調べた時の投資配分は
オーストラリア  26.5%
香港        25.8%
台湾        15.2%
韓国        9.4%
シンガポール   6.9%
インドネシア    4.8%
インド        4.6%
タイ         3.7%
マレーシア     1.9%
と、オーストラリアと香港(中国)で半分。さらに台湾、韓国加えると76.9%の3/4超えてた。

最新の月次報告だと
オーストラリア  33.5%
香港        21.5%
台湾        16.0%
シンガポール   7.4%
インドネシア    5.9%
韓国        4.8%
タイ         4.5%
インド        3.0%
フィリピン      1.8%
マレーシア     1.6%
とオーストラリアは増加したけど、香港(中国)と韓国の比率が大きくさがって、シンガポール、インドネシアが上がった。
韓国は震災後かなり上昇してたけど、その時に売却したのかな。
個人的にはシンガポール、インドネシアの新興国比率Upは嬉しい^-^
2つ合わせて13%になるからそれなりの存在感はでてきた。

韓国はサムスン電子含めての4銘柄だけになったのね。
台湾はACERとかLITE-ONとかそれなりになじみのある電子機器メーカーが入ってる。
シンガポールはやっぱしほとんど金融だ。


マザーファンド側の成績は
          基準価額  口数(百万)  収益(百万)  分配金(百万)
60期(〜11/8)  5,587   437,277  10,458 (239円)   1,311 (30円)
61期(〜12/6)  5,530   436,406  -1,495 (-34円)    960 (22円)
62期(〜1/6)  5,704    429,275   7,764 (180円)     300 (7円)
63期(〜2/7)  5,653    418,404  -1,971 (-47円)    125 (3円)
64期(〜3/7)  5,523   418,414   -4,630 (-110円)    794 (19円)
65期(〜4/6)  5,933   423,265   18,283 (431円)   931 (22円)
合計                     28,409 (659円)   4,421 (81円)

284億稼いで44億分配して残り240億が内部留保。
って素晴らしいできだけど、もう少し配当出しても良さそうな気がする。
基準価額はこの期間で為替の影響あるのに、5,377円から5,933円と556円も上昇してるからな。

分配金が少なくなったのは運用資産を増やすためかな...
だとしたらそれはそれで納得というか良いとは思うんだけどな。
去年までは結構分配金出してたのに年が変わってから急に減ったのは他にも理由があるのかも...


この半年は激動の半年だったからな。
FRBの量的緩和で株ウハウハになった後、原油はじめ資源価格も高騰して、同時に異常気象のせいで穀物価格も上昇して景気の足を引っ張り始めて、アラブ人の大騒ぎに繋がって、最後は大震災と原発メルトダウンと....
(ビンラディンの暗殺もあったし...)

先進国は欧州は信用不安、アメリカは景気懸念、日本は震災と原発でリスク要因が多い。
アジア・オセアニアについては物価高でインフレと景気懸念はあっても、それほど巨大なリスクは今のところないからね。
以前は資源にしても、製品にしても先進国へ輸出するばかりで、先進国経済依存度の高かったアジアの新興国は、自分達が巨大な消費国になりつつあるから、先進国は足踏みしててもそれなりに経済が成り立つ可能性は高い。


運用報告の今後の展望にも書いてたけど、シンプルなインフラ投資で経済発展の余地が大きいのは新興国だ。
このファンドの強みは投資国がたくさんあるので、都度割安感のある国の株式に乗り換えれるところだな。

今は基準価額下がってるけど、届いた運用報告書は特に文句つけるところは無かったな。
最新の基準価額は5,780円。分配金は毎月75円、年間想定900円。
分配金想定利回り15.6%
なら、合格だろう。

アジアには国もたくさんあるし、いろいろ特色があるのでファンドマネージャーには是非頑張って欲しい。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
グローバル好配当株式ファンド 〜みずほインベスターズ証券
本日は新規設定されたばかりのみずほインベスターズ証券の『グローバル好配当株式ファンド』をご紹介します。 ...続きを見る
投資アドバイザー 河合圭のオフショア投資...
2012/12/09 20:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「アジア・オセアニア好配当成長株オープン」 運用報告書キター さむのほげほげなるままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる